FC2ブログ

GIUDECCA VIEW'S FACTORY

「ジュデッカ」メンバー、ビュウの工作記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ミニ四駆サスペンション製作3

前回までで、フロント部分はほぼ完成なので、リア部分の加工をしていきます。


まずは、リアサスのアーム部分の作成です。
スーパーXシャーシ FRPリアーローラーステー を上の写真のようにカットします。


次に、センターユニットのリアの部分もフロントと同じように加工します


リアユニットもフロントと同様に干渉すると思われる部分をカットしていきます。

リアはシングルサスの予定なので、ユニット接続用の大きな穴の後ろ2つにはセンターユニットから切り離したパーツを加工して取り付けます。

いきなり、完成ですw


MSシャーシ用強化ギヤカバーのアーム可動の干渉部分をカットしセンターユニットに取り付けし、強化ギアカバーの真ん中に1.5mmくらいの穴を開け、FRPマルチ補強プレート (ショート)と一緒に4mmピロボールでねじ込んで接続。FRPとギアカバーは接着しました。
フロント同様、カットしたスタビポール、830ローラー、フッソコート 620 スチールベアリング 、バネ、4mmアジャスター等を付けて完成です。


一応ここまでで形にはなりましたが、まだまだ不満な点が残るので、改良を加えていきます。
今日はここまで(^^)ノ
スポンサーサイト
別窓 | ミニ四駆 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミニ四駆サスペンション製作2

サスペンション製作の続きです。

今回はフロントユニットの加工をしていきます。

写真では見にくいですが、アーム部が接触すると思われる部分をカットしていきます。
上の写真は余分に削り過ぎてしまっています(;´Д`A


ピンぼけしてますが、写真の様に、車軸が収まる部分の上の部分をカットします。

次に六角シャフトを 2.6cmずつカットしたモノを2本作ります。

ここで一旦仮組みして、フロントアーム部に車軸を通す穴の位置確認しましょう。
1.先程カットした六角シャフトをセンターユニットのサイドに開けた穴から、入れていきます。
2.アーム部片側のカウンターギア用の穴に通し、センターユニット中央のカウンターギアが収まる部分の穴へ通します。
3.カウンターギアも取り付け、反対側のアーム部にも通します。
4.フロントユニットを取り付け、六角シャフトが引っかからず、フロントユニットがきっちり取り付けできる事を確認して下さい。
5.アーム部の車軸を通す穴の位置を確認。ズレているなら、印を修正して下さい。

再度、分解して、先程印をしたアーム部に2mmの穴を開けます。

次にサスペンション部分の作り方です。
まず、830ぷらローラーに1.5mm位の穴を開けます。そこにスタビポールをねじ込みます。
スタビポールは仮組みした後にカットし、長さを調整します。
そこに、フッ素コートスチールベアリング、スライドダンパーのバネ(ハード)、フッ素コートスチールベアリング、の順でスタビポールに通して完成。

タミヤスペアパーツのSP-590 4mmピロボールとSP-633 4mmアジャスターを使います。公式レースでは、ダンガンのパワーダンパーセットを使う事でレギュレーションクリアできると思いますが、パワーダンパーは生産中止で、ヤフオクなどでは高値になっているので、今回は使用しませんでした。

センターユニットの穴にピロボールを取り付けます。
アーム部の先端の穴にビスセットDの40mmビスで、830ローラー、3mmアルミスペーサー、アーム部FRP、ワッシャー、7mmスペーサー、3mmスペーサー、7mmスペーサー、ワッシャー、アーム部FRP、3mmスペーサー、830ローラー、ロックナットの順に取り付けます。

車軸にもアルミスペーサーなどを通し、ガタつきが無い様に調節しながら、組み立てます。
センターユニットにアーム部を取り付け、フロントユニットも取り付けます。
サスペンションの可動域を決め、それに合わせ、スタビポールをカットします。


仮組みした状態です。↑この写真はもう少し工程が進んだ状態の写真を使っています。

今日はここまで(^-^)/
別窓 | ミニ四駆 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミニ四駆 サスペンション製作1

久々にミニ四駆に復帰してから、初めてのコース走行で、立体コースの攻略ができず、ネットで見つけたサスペンションという言葉に早速飛び付いてみましたd( ̄  ̄)

いくつかのサイト、画像を参考にしながら、現在手に入るパーツで作っていきます(^-^)/
その為一部、公式レースでは使えないパーツが含まれています。

まずMSシャーシのセンターユニットの加工です。

まずカウンターギアの収まる中央部分を残し、周りの部分をカットします。
中央の残す部分はサスペンションのアームが当たる場所なので、ヤスリで平滑になるよう削ります。
次にカウンターギアの軸が収まる部分を貫通するように、サイドの壁から、中央部分の壁へ、さらに貫通させ、反対側の中央部分の壁、反対側のサイドの壁まで、一直線になる様に、2mmの穴を開けます。穴の位置は駆動効率にも影響するので、しっかり位置合わせをして、開けて下さい。
因みに僕は、ザックリ穴を開けたので、若干ズレました_| ̄|○
次にアーム部の加工です。

参考にしたサイトでは、ローラーワイドマウントをそのままアーム部にしてましたが、フロントサスはダブルにする為、FRPを加工し、アーム部に使います。
まず、FRPマルチ補強プレートの中央の穴の所で、切断します。
次に切った2枚を合わせ、中央の隣の穴にビスを通し、更にローラーワイドマウントのカウンターギア用の穴も併せて通し、ナットで固定。
次にローラーワイドマウントのスパーギア用の穴に合わせて、穴の位置に印をするのですが、この時、中央より若干ズラして印をして下さい。


今回のアーム部分の穴開けは、ベアリングを入れない事を前提にしています。

長くなるのでとりあえず今日はここまで(^-^)/
別窓 | ミニ四駆 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| GIUDECCA VIEW'S FACTORY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。